投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

金融庁が複数の仮想通貨交換業者処分へ

本日の日経新聞のイブニングスクープのメールに表題のようなタイトルが飛び込んできました。

仮想通貨、複数の交換業者処分へ 金融庁【イブニングスクープ】

いつも全然スクープじゃない記事を送ってくると、私の周りでは評判悪いこのメールですが、続いているということは案外受けが良いのでしょうか?

今日の内容も特段スクープってほどではないですね。まぁ、色々検査に入ってたので当然かなーって感じを受けます。

で注目したのは以下の部分です。

巨額の仮想通貨が外部に流出したコインチェック(東京・渋谷)には2度目の業務改善命令を出し、被害者への補償作業を監視する。
ほう、保障作業の監視ということは保証が開始されるということでしょうか?それとも、その行方を見守るということでしょうか?明確には分かりかねますが、2度目の業務改善命令が出されて何らかのアクションをコインチェックが取る可能性があるかもしれません。

コインチェックは進展があり次第報告しますとしながら、3月1日に新たな機能を発表して以来沈黙を続けています。今日でまる一週間ですが、明日は何か発表がありますかね?

昨年度の確定申告の納税期限は15日なので、まぁ一週間前に再開してくれたら、ぎりぎり何とかなるかなぁという感じですかのぉ。

コインチェック以外はどこが業務改善命令を下されるのでしょうか。Zさんとかありそうですね。

nemに関してですが、なんとzaifに流れ着いているという報道がありました。以下のITメディアの記事によると、

コインチェック流出nem、「Zaif」に大量流入
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/05/news055.html

うーむ。Zaifからfiatを抜き出すとか可能性はなさそうですが、万が一あったらあれな感じですね。どうなるのか動向をかたずをのんで見守っております。

コインチェックはどうよ?取引再開を妄想してみた日誌

さて本日はコインチェックよりお知らせがありました。

「レート検索機能」「レバレッジポジション履歴ダウンロード機能」が利用可能となりましたということです。これで確定申告も楽々ですね。資金がとらわれていなければ・・

というわけで、前向きな機能の更新にイヤーよかったですなーとなるのか、セキュリティ強化の報告まだかよとなるかは別ですが、金融庁様が入られているのでいろいろと大変でしょうなと思われるわけです。てか復活できるのかなぁ?復活できるにしては時間かかりすぎだよなー・・・

昨日はやまもといちろうさんがまた記事を書かれていました。

コインチェック社、消費者保障の具体的指針がないままみずほと伊藤忠が救済か

MAにはスピード感が必要なわけですが、どうですかね。この記事によるとコインチェックの預かり資産が6,000億円あるとのことです。それを100‐200億円かけて買収するけど、資金は足らんわなとこの記事では見ています。
「メルカリスキーム」というのは実際行われているのでしょうかね。
わたくしもちょっとした売り上げ(900円弱)がメルカリに置いていたら、一年経つし残高なしにするぞ的なメールが来まして、おいおい、そんな権利あるのかよとびっくりしていたところです。

日経新聞にルポ迫真という記事があるのですが、今晩の記事は以下のようになっていました。

「ウミを出し切る覚悟だ」 コインチェック騒動

「総勢10人の金融庁の検査官が常駐して財務や、内部管理体制の把握を急ぐ」ということは、全然、財務とか把握できてなかったのかという感じですね。

トレードに関して
久しぶりにトレードに関して考えてみます。

コインチェックの動向がどのように、相場に影響を与えるかのイベントドリブンをちょっと想像してみましょう。

コインチェックがアルトコインの取引を再開した場合

その場合、アルトコインの換金売りがかなりの量出ると想定されます。

アルトコインを送金できるということを知っている方も少ないでしょうし、とりあえずコインチェックから出金してほかで買いたいという需要もここに入ってきそうです。

コインチェックがマーケットメイカー制度を導入したまま再開した場合、全ての売りをコインチェックが受けなければならなくなります。すると、コインチェックはいったんアルトコインをポロに送り、ビットコインに換え、ビットコインを自社のBTCの取引…