ある仮想コイナーのこじらせと反省


仮想通貨への入り口はみんなビットコインです。Zcashが入り口だというあなたは、マイナー(採掘野郎)か、税務当局に狙われている高収入な人でしょう。

ビットコインをじっと持っている人や熱狂的にビットコインを愛している人以外、ビットコインを実際にウォレットに入れたり出したりしていると、色々と難点が見えてきます。

銀行の問題点を解決するはずのものが、手数料が銀行より高かったり、時間が銀行よりかかったり、なんかいつも分裂ピンチみたいなことが起こっていたりしていることに対してです。


その後ウェブを巡回し、より機能の高い通貨を漁ったり、Cryptocurrency MarketCapのサイトで一攫千金を狙って時価総額が10億円のやつがビットコインと同じくらいになったらとか、ニヤニヤしながら通貨を探し、Cryptopiaなんかでその通貨を手に入れたりします。

(ああ、LunyrもPatientoryもBittrexで買った想い出が…)

そうこじらせるのです。あとから見るとビットコインだけ持っておけば○倍だったのにと激しく反省させられるのですが、こじらせているとそんな後のことは分かりません。とにかくマニアックな通貨で一攫千金だぁってなります。

そしてマニアックな通貨を手に入れてニヤニヤします。この技術はビットコインの100倍は凄いからまぁ100000億くらいの時価総額になるなぁニヤニヤ。

またスラックなんかに参加して、その通貨を好む色々な人たちと盛り上がり、みんな「to da moon」することを疑わなくなります。スラックは人いっぱいで使えないからディスコード行こうぜとかもあります。

しかし、みんなが買い終わった後、悲劇が襲います。もう買う人がいなくなったら次は下げるしかありません。そう、素晴らしい機能を持つ(実現されるかは知らんが)新しい通貨がたくさん出てくるのです。

ディスコードからその通貨を称える声はなくなり、「Scam」の大合唱となります。時がたつに連れその通貨は忘れ去られていきます。



そう、そして気づくのです。多くの人はビットコインくらいしか知らないし、その機能なんかも調べないことに。まぁ偶に儲かったりしてやる価値はあるとは思いますが、それよりも知名度って大事だなって最近思っています。

コメント

このブログの人気の投稿

Turning to adjustment(20170903)

NEO Jumps 50% , Bitfenix Listing (20170908)

中国の取引所YUNBIが上場廃止通貨を発表する(20170907)