暴君GMOコイン爆誕

GMOコインが勝ってる口座や自動売買口座をクローズしたことが昨日くらいから話題になっています。私はまだ口座も作っていないのですが、メアドを登録してしまい、メール勧誘が大量に来て参っています。


これまでの仮想通貨界は上の絵のような感じでした。

うん、みんな踊っているだけで良かった。取引所も仮想通貨を盛り上げようと、機械が大量にアクセスしてきてサーバーが落ちても、頑張ってくれていました。サーバーが落ちるのは取引所が悪い!というのが今までの認識でした。

そして、とうとうみんなが待ちに待った黒船の大手企業が参入してきました。
しかしいきなりマーケットメイカー制度、かつスプレッドでかい!ということで当初は相手にされませんでした。



しかし、さすが大手、スケールさせるためか何か分かりませんが、いきなりスプレッドを300円にまで縮小しました。
80万円で300円って0.0375%です。

このボラの商品でそんなことが出来るのか?
これまで市場性のある商品を触ってきた人は思いました。

どうしてかというと、マーケットメイカー制度というのは、そこの市場を取り仕切ってる人が全員の注文をすべて引き受ける事になります。その市場への参加者の利益=マーケットメイクしている業者の損失ということになるため、みんなが勝ってしまうと取引所はやっていけなくなるのです。
基本、マーケットメイカーというのは売り買いのスプレッドで稼ぐだけのため、商品の動きと比べて小さいスプレッドを提供すると儲けることが難しいのです。

しかし「ええじゃないか仮想通貨」界はコレまで通り、ガスガス攻め込みます。

そして結果は・・・


ガーン。自動売買したり儲けたりした人のアカウントが停止されることに・・・。
GMOのビットコインFXのスプレッドは2,500円となり、多くの人たちは元の巣に戻っていきました。でも2,500円ってそんなに大きくないけどね。

今回の学びとしてはいくら強いシステムを作れても売買できる場所を奪われたら稼げなくなるということかもしれません。元FX勢はその辺をよくご存知のようですが。

既存の取引所が自動売買を規制しないことを願っております。みんなちょっと手を抜こう!

コメント

このブログの人気の投稿

コインチェックはどうよ?取引再開を妄想してみた日誌

コインチェック再び公式発表、zaif、BitfllyerのSFD、SWIFTのハック

コインチェックが日本円の出金再開の日、銀行強盗の話など