ビットコインの上昇、下落を調べてみた(1年分)

とうとう時価総額は200,000milを超えました。ビットコイン・ドミナンスは62.4%と増加が継続。ビットコイン凄いなぁという感じです。

ビットコイン欲しいわぁという感じなのですが、持ってません。欲しい、ビットコイン欲しい。しかし私が買ったら天井でしょう。なのでまだ買えるのかもしれません。

ほしいわと思いながらちょっとしたチャートを作ってみました。ちょっと調べたいことが多いので大きめのチャートとなっています。このチャートはドル建てのビットコインの価格を1年分取ったものです。ローソク足にある青いラインは50日間の安値、赤いラインは50日間の高値です。その下のmv5_spreadは5日移動平均線との乖離率です。その下は20日、50日です。その下は50日高値からの価格乖離率です。最後は50日安値からの乖離率です。


ここで注目しているのは最後の二項目です。高値からの下落率の最高はこれまで36.5%となっています。一方で、安値からの上昇率の最高は165%となっています。
明日以降、上昇率が大きいポイント、下落率が大きいポイントの両方にあったニュースを調べてみたいと思います。また、ビットコインの下落とオルトコインの関係も今週中に見ないといけませんなぁと思っていますがどうなるのでしょうか。

コメント

このブログの人気の投稿

Byteballで散髪代をお支払いしてきました

コインチェック再び公式発表、zaif、BitfllyerのSFD、SWIFTのハック

コインチェックはどうよ?取引再開を妄想してみた日誌